亜人1巻のネタバレ考察・あらすじ・感想!無料で試し読みできるサイトも紹介!

亜人1巻のあらすじと伏線や謎、考察をまとめました。

是非是非読んでいって下さい。

※盛大にネタバレを含みますので、嫌な方はまずはこちらのサイトで試し読みをすることをオススメします。

 icon-hand-o-right 無料で試し読みをしてみる

 icon-search サイト内で「亜人」で検索してみてください。

亜人1巻の流れ

主人公 永井 圭(ながい けい)の人物像

  1. 全国模試で1桁の順位を取る頭脳の持ち主だがどこか冷めている性格
  2. 事故死したことで亜人になる

 

亜人とは何か??

見た目は人間であるが、何をされても死ぬことはない。不滅の不死身の人種である。

それを人間は恐れ世間からは人間扱いされず怖がられている存在。

 

一巻の簡単なあらすじ

主人公の永井圭は普通の高校生として当たり前の日々を過ごしていたが、ある日、トラックにひかれてしまう。

いきなり1話目にして主人公が死んでしまうスタート。

ところが、なんと、死んだはずの主人公の永井圭はすぐに生き返ります。

主人公の永井圭は亜人である事がこの時分かり物語は進んで行くのです。

亜人である事が周囲にバレた主人公の永井圭は人間から逃げる事を考えます。

なぜなら亜人を捕獲することで報奨金が貰えるからです。

報奨金目当てで警官ですら永井圭を捕まえようと襲ってきますが、その辺はバタバタありスルーします。

なぜなら敵は亜人を捕獲して人体実験をしている厚生労働省の戸崎という男がキーマンだからです。

ちなみに主人公の永井圭は、森のなかに身を潜め、誰一人信用できる人間が周囲にいないことに絶望します。

絶望から救ってくれたのは幼馴染のカイ。

主人公の親からカイとは遊んではいけないとずっと言われてきて、全く会ってなかったが、絶望と隣合わせの時に思い出したのがカイ。

カイは主人公の永井圭に助けを求められて2人で逃げる形になります。

 

1巻の考案とネタバレ

IBMという黒い幽霊がおり亜人はこの黒い幽霊を使ってこれから人間達と戦争になります。

後々に説明されることですが幽霊とはいっても、これは「IBM」という無色透明の存在。

亜人だけがこれを視認することが可能。

これが今後今までにない格闘表現をしますので亜人は革命的な漫画絵写が多くなります。

そして主人公を元に集まる敵や味方がこれから亜人対人間の究極の戦闘バトルを繰り広げて行きますが、それは二巻以降です。

 

1巻のまとめ

いきなり死んで亜人になる主人公の永井圭にはビックリしましたが、それよりも重大な伏線が1巻には含まれてます。

それは永井圭は昔から黒い幽霊を視認していた事です。

どーゆう事かというと亜人にしか見えないはずの黒い幽霊を主人公は亜人になる前の人間の時から視認してました。

しかも小さいころから、、、主人公の特別な能力ですね。

この伏線がこれからどーゆう展開になるのかはすごく楽しみです。

さらに、重要人物で佐藤という人物がでてきました。

佐藤も同じく亜人なんですが優しそうな見た目とは違いかなり好戦的。

この佐藤と主人公の永井圭、そしてカイ、佐藤といった重要人物がこれからのキーマンになっていく事が分かります。

まだまだ始まったばかりの亜人ですがどんな展開になるのか、

今後のポイントは、

  1. 亜人対人間の行方
  2. 主人公の特別な力
  3. 佐藤とは何者なのか
  4. 戸崎がどー絡んでくるのか

この④つに注目です。

漫画ライフが劇的に快適になる電子書籍のススメ

「漫画は紙で読みたい!」

多分そう思ってる人も多いと思います。

私もずっとそう思っていたアナログ人間の1人です。

でも、ある時を堺に電子書籍の圧倒的便利さに気づいてしまいました。

正直、今ではウェブで漫画を読むということは当たり前になってしまい、逆に紙で読む機会の方が少ないぐらいです。

もしまだ紙で漫画を読んでる方は、ぜひ一度電子書籍の便利さを体験してみてください。

こちらの記事で電子書籍のメリットを熱く解説しています↓↓

まだ紙で消耗しているの?私が電子書籍で漫画を読む10の理由!

スポンサーリンク

面白かったらシェアをお願いします★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です