転生したらスライムだった件1巻のネタバレ・感想・あらすじについて!

こんにちは。

今回は今密かに人気急上昇中のファンタジー俺TUEEE系漫画「転生したらスライムだった件」を読んだ感想やネタバレを記事にしていこうと思います。

まず最初に言っておくと、私こういう漫画すごく好きです。

では、行ってみましょう〜。

※盛大にネタバレを含みますので、嫌な方はまずはこちらのサイトで試し読みをすることをオススメします。

 icon-hand-o-right 無料で試し読みをしてみる

 icon-search サイト内で「転生したらスライムだった件」で検索してみてください。

転生したらスライムだった件ってどんな漫画?

まずは「転スラ」ってどんな漫画なの?ってことで、1巻の簡単なあらすじから紹介していきたいと思います。

メインとなる舞台はRPGのようなファンタジー世界です。

元々人間だった主人公がある日現実世界で死んでしまい、その後なぜかファンタジーの世界に最強スライムとして生まれ変わるという、かなり突飛なストーリーとなっています。

で、スライムとして転生した主人公なのですが、、、

なんかやたらTUEEEEE。笑

大賢者のスキル持ってるは、序盤からラスボス級のドラゴンを捕食してしまったりと、とにかくチート感が半端じゃないです。

そんなスライムに転生した主人公がファンタジーの世界で色々な人達を巻き込みながらさらに成長していく。

それが今のところの転スラのざっくりとしたあらすじになっています。

現時点で2巻までしか発売されていないのですが、一応魔王らしきものが存在しているようなので、物語が進んでいけばその辺りに立ち向かっていく感じになりそうな予感です。

1巻のネタバレ

1巻のネタバレ内容を箇条書きにまとめました。

  • 現実世界で主人公死亡
  • ファンタジー世界にやたら強いスライムとして転生
  • 暴風竜ヴェルドラと友達になる
  • 主人公にリムル・テンペストという名が与えられる
  • ゴブリンの村に招かれ、餓狼族から村を守ることに
  • リムルのスキル「水刃」で餓狼族のリーダーを一撃で首チョンパ
  • なぜか餓狼族もリムルのしもべに
  • 村を発展させるためにドワーフ族の技術者を探しに「武装国家ドワルゴン」へ
  • 関所の前で騒ぎを起こし牢獄へ
  • 回復薬(フルポーション)を提供し釈放してもらう
  • 凄腕鍛冶職人のカイジンと出会う
  • 魔鋼のロングソード作りのノルマが間に合いそうもなく焦るカイジン
  • リムルが一瞬で魔鋼のロングソードを20本複製w
  • 宴に招かれるリムル
  • そこに現れるいかにも悪そうな大臣ベクター
  • リムルに水をひっかけたところ、カイジンマジギレでベクターに渾身の一撃を見舞う
  • カイジン、傷害の罪で裁判にかけられる
  • 裁判で国王登場(威圧感半端じゃない)

というところで1巻は終わりになります。

こうやって書き出してみると、1巻はなかなか濃いですね。

よくもまあこんなに詰め込めたもんです。笑

感想

全体的な感想は何回も言っているように、

リムルTUEEEEってことです。

リムルには捕食というスキルがあるのですが、これがえげつないぐらい強力なスキルなんです。

どういうスキルかっていうと、捕食したモンスターのスキルを体内で解析して自分のものにしてしまうという恐ろしいスキルです。

FF6で言えばガウの「飛び込む」のようなスキルですね。(分からない人ごめんなさ)

いずれにしてもこのチート感は好きな人と嫌いな人に分かれるかもしれません。

ちなみに私は好きです!

これぐらい主人公がスカッと強い方が見ていて爽快感があります。

しかもおそらくですが、巻が進むにつれて敵も強くなり、リムルにも壁が訪れる予感がします。

最初はサクサク進めるのがゲームの王道ですからね。

どこかでレベル上げが必要な場面も訪れることでしょう。

それに主人公が強いことで安心して読めるというのもなんとなくありますよね。

あまりにも弱すぎると地味な漫画になってしまうので、そこはうまくバランスが取れているのかなと感じました。

転スラ1巻のハイライト

個人的には餓狼族のリーダーを「水刃」で一蹴したところですね。

「おー!リムルめっちゃTUEEEE!」

というのがMAXに表現されています。

それ以外だと暴風竜のツンデレぶりも良かったですね。

リムル「俺と友達にならないか?」

ヴェルドラ「ス、スライムの分際でこの暴風竜ヴェルドラと友達だと!?」

リムル「い、いや嫌ならいんだけど・・・」

ヴェルドラ「馬鹿お前!誰も嫌だなどと言っておらぬだろうが!」

のやり取りでクスっと笑ってしまいました。

凶悪なドラゴンとツンデレというギャップの表現は非常に見事でした。笑

転スラ1巻から学べること

とにかく主人公のコミュニケーション能力が高い!

ゴブリン族や餓狼族を従えてしまう辺りは、強いというのもありますが、人心掌握術みたいな部分もかなりあるような気がします。

主人公は人間時代は大手企業に勤めていたので、そういったスキルもあるのでしょう。

ちょっと出来過ぎで鼻につく部分もありますが、どうすれば人はついてくるのかという視点で読むとまた違った面白さがあるのではないでしょうか。

まとめ

いや〜なかなか面白いですよ、転スラ!

タイトルがキャッチーだなというだけで読んでいましたが、これは久々のヒットでした。

ぜひ読んでもらいたい作品の1つです。

漫画ライフが劇的に快適になる電子書籍のススメ

「漫画は紙で読みたい!」

多分そう思ってる人も多いと思います。

私もずっとそう思っていたアナログ人間の1人です。

でも、ある時を堺に電子書籍の圧倒的便利さに気づいてしまいました。

正直、今ではウェブで漫画を読むということは当たり前になってしまい、逆に紙で読む機会の方が少ないぐらいです。

もしまだ紙で漫画を読んでる方は、ぜひ一度電子書籍の便利さを体験してみてください。

こちらの記事で電子書籍のメリットを熱く解説しています↓↓

まだ紙で消耗しているの?私が電子書籍で漫画を読む10の理由!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございましたー(^^)

スポンサーリンク

面白かったらシェアをお願いします★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です