聲の形(こえのかたり)最終回のネタバレ・感想!映画の結末は?

映画化され、話題を集めた「聲の形」ですが、皆さんはご覧になりましたか?

今回はそんな「聲の形」の映画と漫画のラストをご紹介したいと思います。

※盛大にネタバレを含みますので、嫌な方はまずはこちらのサイトで試し読みをすることをオススメします。

 icon-hand-o-right 無料で試し読みをしてみる

聲の形とは?

大今良時によって別冊少年マガジン、週刊少年マガジンに連載されていた漫画です。

漫画はオリジナル版、リメイク版、週刊連載版と3作あり、オリジナル版は別冊少年マガジンの2011年2月号に、リメイク版は週刊少年マガジンの2013年12号に、週刊連載版は週刊少年マガジンの2013年36・37合併号から2014年51号まで連載されていました。

単行本は全7巻あります。

また、多数の賞を受賞しており、2014年度「コミックナタリー大賞」1位、「このマンガがすごい!2015」オトコ編1位、「マンガ大賞2015」3位などを受賞しています。 

主な登場人物

石田 将也(いしだ しょうや)

小学生の時はガキ大将タイプで、耳が聞こえない硝子に興味を持ち、好奇心からいじめをしてしまう。

行き過ぎたいじめによって学級裁判が行われ、クラスから孤立してしまう。

 

西宮 硝子(にしみや しょうこ)

先天性聴覚障害を持つ少女で本作品のヒロイン。

補聴器をつけても会話がほぼ聞き取れないほど程度が重く、発話も不完全。

将也にいじめられていた過去を持つ。

 

植野 直花(うえの なおか)

小学校時代の将也のクラスメート。

連載版では大切なキーパーソン的存在である。

 

スポンサーリンク

ラストは?

漫画の最終回の結末はどうなったのか、あらすじとともにご紹介したいと思います。

毎日刺激的な生活をしたい、と思っていた少年・石田将也は転校生で先天的な聴覚障害を持つ少女・西宮硝子に興味を持つ。

一方の硝子はみんなと仲良くなりたいという純粋な気持ちを持ち、いつも笑顔で明るく接していた。

 

しかし、クラスに耳が聞こえない彼女が来たことによって授業は彼女基準になってスピードが遅くなってしまったりといろいろなハンデを抱えてしまう。

そんなことがあったせいでクラスメイト達は次第に彼女のことをいじめるようになってしまう。

そのいじめの中心となったのはガキ大将の将也だった。

 

だんだんとエスカレートしていくいじめ。それに我慢できなくなった硝子の母親が学校にいじめの事実を告白し、将也は学級裁判にかけられ断罪された。

そんな将也はいじめる側からいじめられる側になってしまったが、硝子は自分をいじめていた張本人である将也を守ろうとしていた。

しかし、その硝子の行為が将也のプライドを傷つけてしまい、将也は硝子にひどい言葉を投げつけてしまい、取っ組み合いのけんかになってしまう。

謝罪もせずに硝子は転校、将也は中学卒業までいじめられ続けた。 

 

いじめに耐え切れずに精神的に限界を迎えた将也は高校生になって自殺を決意した。

そんな将也は最後の償いをしようと硝子に会いに行く。久しぶりに再会した2人。

しかし、無事に再会をした二人だったが、その後の関係はうまくいかなかった。

将也はある日、事故にあってしまい、死の淵をさまよっているときに硝子と一緒に楽しそうに話している夢を見た。

しかし、硝子が「死なないで」とばかりに泣いているのを見て、驚き、寝言と一緒に目を覚ました。

 

目を覚ました将也は夢の中で見た場所へと向かう。

すると現実のその場所にも硝子がおり、二人は手話で会話をしながら将也は過去のいじめのことを謝罪し、二人のわだかまりがゆっくりと溶けていくのを感じた。

また、二人の母親の間にもわだかまりがあったが、それもゆっくり溶けていった。

 

時がたち、成人式を迎えた2人は、成人式の場で高校や小学校のクラスメイトに遭遇した。

小学校では2人ともいじめられていたので、同窓会が開かれている部屋に行くのを戸惑ったが将也は硝子の手を取り扉を開けた。

スポンサーリンク

まとめと感想

扉を開けたところでエンドを迎えているので、つらいままの過去か、その反対か、読者にその先を連想させるような終わり方となっています。

障害を原因にしたいじめを題材に書いているこの作品ですが、皆さんも障害を持っている人を見たら自分とは違うから、と思ったりしていませんか?

私も昔はちょっと思っていました。しかし、自分にも人とは違うところがあるのに、障害があるだけでいじめたり偏見を持ったりしてしまうのは違うと思います。

みんな違ってみんないい、という言葉があるように、障害があろうとなかろうと同じ「人間」なのだから、みんな仲良くできる社会がくればいいな、と聲の形を見て思いました。

無料で試し読みできるサイトはこちら

漫画ライフが劇的に快適になる電子書籍のススメ

「漫画は紙で読みたい!」

多分そう思ってる人も多いと思います。

私もずっとそう思っていたアナログ人間の1人です。

でも、ある時を堺に電子書籍の圧倒的便利さに気づいてしまいました。

正直、今ではウェブで漫画を読むということは当たり前になってしまい、逆に紙で読む機会の方が少ないぐらいです。

もしまだ紙で漫画を読んでる方は、ぜひ一度電子書籍の便利さを体験してみてください。

こちらの記事で電子書籍のメリットを熱く解説しています↓↓

まだ紙で消耗しているの?私が電子書籍で漫画を読む10の理由!

スポンサーリンク

面白かったらシェアをお願いします★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です