【ハイキュー!!】白鳥沢の個性的なメンバー達をまるっと紹介してみた!

週刊少年ジャンプで連載中の古舘春一先生の大人気作品でもある「ハイキュー!!」。

舞台は、烏野高校。主人公・日向翔陽が所属する男子バレーボール部は、かつて強豪と呼ばれ全国出場経験もありました。

しかし、今では特別弱くも、強くもないチームとなってしまい、付けられた呼び名は、『落ちた強豪“飛べない烏”』。

そんな呼び名を払拭するように春の高校バレー宮城県代表決定戦では、勝ち進みライバルでもあった青葉城西も下しました。

しかし、最後に立ちはだかるは私立白鳥沢学園高校

通称白鳥沢と呼ばれており、選手一人ひとりの能力が高い全国出場常連高校です。

今回は、白鳥沢の個性的すぎるメンバーをご紹介していきます。

スポンサーリンク

メンバー紹介

牛島若利(主将)

背番号1番のウイングスパイカー。県内№1エースと呼ばれる程です。

“月刊バリボー”では、今年の高校バレー注目選手の中でも全国3人に選ばれています。

世界ユースでは、東北地方で唯一選ばれた選手です。

“ウシワカ”と呼ばれていますが、本人はその名をあまり好んでいないようです。

自分の能力に絶対の自信を持っており、白鳥沢が負けるということは一切考えていません。

中学時代には“怪童”と呼ばれており、その頃から現在・青城高校の及川や岩泉からライバル視されています。

しかし、及川の能力は認めており青城に行ったことは間違いであり、自分にセッターとして尽くすべきだったと大真面目に本人に伝えています

相手の冗談や皮肉にも真面目に答えてしまう程の生真面目さ故、相手はよりイラつかされることも多々あるようです。

しかも、本人は他意もなく純粋に思たままのことを答えているので、余計に火に油を注ぐことも…。

また、表情筋が固く真顔が多い為、笑顔になった瞬間チームメイトが驚愕するほどです。

しかし、チームメイトからは名前で呼ばれており関係も良好です。

化物や怪物と称されることが多い中、チームメイトが最もしっくりくる呼び名は“超バレー馬鹿”

両親は離婚をしており、牛島は母方の姓。父は婿養子で、元・2部リーグのバレーボール選手でした。

しかし、結婚より前に怪我が多くて引退しています。現在は海外にいます。

牛島がバレーを始める切っ掛けに大きく関わったのが父親の存在です。

大平獅音(副主将)

背番号4番のウイングスパイカー。

日向からは、“ウシワカ”のイメージから太平に“絶対に弁慶だ”とあだ名をつけたことを天童に悟られています。

しかし本名がレオンということもあり、“イメージ違いでゴメンな…”と、天童に漏らしています。

穏やかな性格で、チームメイトのフォローにあたることが多いようですが、天童には若干塩対応のようです。

天童覚

背番号2番のミドルブロッカー。

読みと直感のゲス・ブロックを得意としており、ついた呼び名は“ゲス・モンスター”

但し、あくまで読みと勘を主体にしているので、100%ブロックが成功するわけでもなく烏野戦でも、“まちがえたァァァ”と叫ぶこともあります。

試合中にノッてくると“ミラクルボーイSA・TO・RI”や、“今日の俺120点ッ…!!!”等、独自の言い回しが増えたり、歌を歌ったりする場面もあります。

牛島と異なり感情は顔に出やすいタイプであり、チーム内ではムードメイカーの立ち位置です。

また、大平曰く“テレビの話題で若利と盛り上がれるのは天童だけ”とのことですが、天童が一方的にテレビの話をしているようです。

“ハイキュー!!”公式Twitterでは、20巻の宣伝時に青城・国見のドキドキしつもんコーナーでは、“白鳥沢では誰がキライですか”という問いに対し、及川を除く3年レギュラーの岩泉・松川・花巻は全員一致で天童と答えるほどのキャラクターです。

五色工

背番号8番のウイングスパイカー。

1年生で唯一のスタメン!牛島をライバル視しており、本人に“この決勝で俺の方がエースと呼ばれるに相応しいと証明してみます”と宣言するほどです。

勿論、牛島からは本心の一言を言われてしまいます…“ああ 頑張れ”と!

白布に大口を注意されることもありますが、それだけの実力と伸びしろが期待されている選手です。

現在の前髪が、天童の小学校時代の髪型とそっくりのようで、写真を見た瀬見からも“工かよ!”とツッコミを入れられていました。

スポンサーリンク

白布賢二郎

背番号10番のセッター。

2年生で、中学時代に北川第一対白鳥沢の試合を通じ、牛島のプレーに魅せられレギュラー陣では唯一のスポーツ推薦ではなく、一般入試で白鳥沢に合格しレギュラーとして活躍するようになります。

牛島という凄い素材を前にセッターの余分な意志主張は必要ないと考え、今までの強気な戦い方から一変、誰よりも目立たないセッターとなっていきます。

しかし、烏野戦では月島にイライラしてしまい牛島の一打を止めさせてしまうことに繋がります。

川西太一

背番号12番のミドルブロッカー。

白布と同じく2年生であり、比較的無口な存在ですが、白布とハイタッチをすることも多く、心の声は比較的雄弁のようです。

天童曰く“雑食ブロック”であり、基本はリード・ブロックですが調子のいい時には、天童と同じゲス・ブロックを行うこともあり、負ける勝負はしないタイプとのことです。

山形隼人

背番号14番のリベロ。

3年生であり、実力はかなり高いようです。

レギュラーの中では、最も身長が低い174.3cm。

豊富な運動量とフォローが得意のようです。

ジャンプをして喜ぶシーンがあるのですが…烏野の西谷と同じ反応を見ることもできます。

瀬見英太

背番号3番のセッター。

3年生で、レギュラーではないがピンチサーバーとして活躍しています。

白布のように、エースに尽くすタイプではなく自分の力でブロックを振り切りたい・力を誇示したい気持ちが強いことから正セッターを外されたことを自覚しています。

その分、サーブは自由であることもあり、ピンチサーバーとして強烈なジャンプサーブを打っています。

イケメンなのですが、天童に“私服がダサい”と言われたことが最近の悩みです。

終わりに

以上が主要メンバーです。

監督を含めとにかく濃いキャラクター勢ぞろいの白鳥沢。

そんな彼らですが、セットを落とした際には、監督が無言なことを不安に思い、誰一人監督と目を合わせないようわかりやすいほど目をそらすこともあり、高校生らしい場面を見ることもできます。

筆者のオススメは天童!

ゲスな場面も多いのですが、ある意味最も高校生らしくテンションがハッチャけており、見ていて1番面白いキャラクターです。

白鳥沢VS烏野の熱い戦いも見逃せませんが、牛島が“叩き潰したい”とまで思った日向との戦いも見逃せない熱いを是非一読してみて下さい♪

心が温まること間違いなしです。

まとめ買いして読んでみたい方はこちら。

電子書籍で読みたい方はこちら。(オススメ)

  booklive公式サイト

漫画ライフが劇的に快適になる電子書籍のススメ

「漫画は紙で読みたい!」

多分そう思ってる人も多いと思います。

私もずっとそう思っていたアナログ人間の1人です。

でも、ある時を堺に電子書籍の圧倒的便利さに気づいてしまいました。

正直、今ではウェブで漫画を読むということは当たり前になってしまい、逆に紙で読む機会の方が少ないぐらいです。

もしまだ紙で漫画を読んでる方は、ぜひ一度電子書籍の便利さを体験してみてください。

こちらの記事で電子書籍のメリットを熱く解説しています↓↓

まだ紙で消耗しているの?私が電子書籍で漫画を読む10の理由!

スポンサーリンク

面白かったらシェアをお願いします★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です